こども、初めて読んだ恐竜絵本が【おまえうまそうだな】でした。

 

管理人が覚えたころの恐竜の皮膚の色はトカゲに似ているということから創造された茶色や黄土色、たまに緑系でした。
だから、このおまえうまそだなのティラノサウルスの皮膚の色にも少しは違和感を感じます。
だって、管理人が覚えたティラノサウルスの皮膚の色は黄土色系です。
そう、わかりやすくいうとヤモリの色ですね。

まだ、借りてきていないのですが、保育園で恐竜図鑑を開いた子供(2017年5月)。
中身を見てびっくり・・・
知らない恐竜の名前が多かったです。
自分の好きなパキケファロサウルスがなかったり、プテラノドンもなかった・・
あぁ、絶対に出てきそうな始祖鳥もなかったなぁ・・・

 

そして、驚くほど恐竜の絵がカラフルになっていて・・・なんで皮膚の色が紫色なんですかね。
 

そんな疑問を持ちつつ、恐竜図鑑の全ページを捲って『この恐竜なんていうの?』と、全てタイトルを読まされた管理人です。
子供は風邪をひいて喉を傷めているママなんて関係ないです。
だいたい・・・風邪を移したのも子供ですが。

 




 

【おまえうまそうだな】(作者:宮西達也)を読みました

 

コミックタッチの恐竜ティラノサウルスが主人公のえほんです。

 

 

おまえうまそうだな

おまえうまそうだな

 

文章のボリュームよりも、
子供の絵本とは思えない、大きなサイズの本です。
そう、A4サイズの本なのです。
それを両手で持って歩く姿は・・・
親バカなあきらっきょはかわいいと思ってしまいます。

 

 

実は映画化している恐竜絵本

 

この本は映画にもアニメにもなっています。
たまたま映画第二作目のポスターを見かけたのですが、
絵本のキャラデザインが異なっているのでぱっとみたところわからなかったです。

個人的にはこの・・・縞がはいっている模様がティラノサウルスの魅力だと思っていますので、
このデザインが好きですね。

 

 

好きこそものの上手なれ?え、文字読めたっけ?

 

さて、本題に戻りまして。
映画第一作目の原作にもなっている、

おまえ うまそうだな
ですが・・・

子供『むかしむかしおおむかし・・・』
あきらっきょも10回ぐらい読み聞かせたのかな・・・
保育園でも先生に読んでとお願いしていたようです。
おかげで覚えました。

あと、他のページも挿絵と共に覚えました。

 

 

【おまえうまそうだな】の本の内容

 

本の内容としてはヲイというぐらいちょっとくだらないけれど、
人情溢れるティラノサウルスの話です。

むかしむかしおおむかし・・・
卵がぱかっと割れて出てきたのは、
しっぽの先にドラクエの爆弾岩みたいなごつい砲丸を付けたアンキロサウルス。
そこに現れたのはお腹をすかせたティラノサウルス。
『お前、うまそうだな』

 

 

その言葉を聞いたアンキロサウルスの赤ちゃんは・・・

 

 

『パパ!』

 

 

【お前、うまそうだな(おいしそうだな)】
とティラノサウルスは話したのですが、
【お前、うまそう(名前)だな】
にアンキロサウルスは理解したようです。

 

 

初めて名前を呼んでもらい、
大喜びのアンキロサウルスにティラノサウルスは大弱り。
そんなところへギランサウルスが現れて・・・

 

 

 

 

最後までは書きませんが、
ほのぼの・・・でもちょっと悲しい話です。

 

 

表紙ウラオビも遊ぶところだった・・・そんな子供のある日のポンコツ事情

 

このティラノサウルスシリーズ、
この『おまえうまそうだな』含め5冊あるようです。
本のカバーの折り返し部分に他の本の紹介があるのですが、
こちらを指さしで数えています。
なぜか・・・2巡して10で終了させています(笑)

 

 

そして主人公のティラノサウルスが好きなのかと思いきや・・・
子『うまそうがいいの!』

 

 

と、他の園児が本を借りていったのでしょうね・・・
本棚にないと20分間ストライキ。

 

 

1日目は他の本を借り、
2日目は本を借りないで帰宅。
3日目は本を借りないで帰宅。
4日目・・・

 

 

あまりにも本棚の前でグズグズする子供の姿が評判になったようで、
先生が気を効かせて他の園児さんが返してくれた本を、
即座に子供の保育園バッグに入れてくれていました。

4日目にしておまえうまそうだなを借りれてご機嫌なこども。

本当に先生には感謝です。

 

 

おまえうまそうだな [ 宮西達也 ]
by カエレバ

 

 

 

この記事で紹介したもの

 

・映画DVDおまえ うまそうだな [ 山口勝平 ]
おまえうまそうだな / 宮西達也/作絵 / ポプラ社

 

 

保育園2歳児