• 投稿 2016/08/10
  • 絵本

自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

どこにいるかな?絵本の中でかくれんぼ【うずらちゃんのかくれんぼ】

 
この本も【きんぎょが逃げた】と同じような絵本の中でかくれんぼする話です。
読むテキストは・・・こちらの方が多いかな?
⇒きんぎょが逃げたはコチラ絵本の中でかくれんぼ。ぴんくのフォルムから飛んでいるあいつを思い出す~きんぎょがにげた~





 


 

 

うずらちゃんのかくれんぼを読みました

あらすじとしてはひよこさんとうずらさんとかくれんぼしていて、
そのうち雨が降り・・・
寂しくなってきたところに母鳥が登場するという話し。

カエルマイブーム時期が訪れていた子供にとっては、
『カエル!カエル!』
と喜んで指をさしていました。

だいたい1度読むと、どこに隠れているのかわかるし覚えてしまうので、
2回目に読むと自分でぺらぺらめくって
『ココ』
『ココ』
『ココ』
・・・
と、ひとりで遊んでいました。

おかげさまで、指先の力が随分強くなりました。

あきらっきょが関心するもののひとつとしては、
うずらという鳥を絵本に採用するところですかね。

鳥というとすずめ、はと、カラスぐらいしか保育園1歳児クラスではわからないと思います。
でも、【うずら】ですよ!
あきらっきょはうずらなんて、小学校に上がる前に【うずらのたまご】という言葉でしか知りませんでしたよ。
鳥だなんて知りませんでしたよ。
・・・でも、その後、ペット買いたいと親に話したら、
うずらを飼わされたので・・・
嫌というほどうずらがわかるようになりましたが・・・

うずら・・・
絵本の中だけでなく、この茶色の羽毛は都心の中でも脱走されると、
【リアルかくれんぼ】
です(泣)
何度も脱走され、小学校から帰宅後、虫取り網を持って近所に捜索にでたことか・・・(トオイメ)
ペットにはお薦めできない鳥のひとつです。

(ペットうずらの写真が見当たらないので、ペットフード貼り付けてみた)