管理人のプロフィール

毎日がよかったさがし〜絵本を読んでうたも歌うぞ!〜

201X年に出産しました。初めての子育て・・・10000冊も絵本を読み聞かせできる?200曲も歌を歌える?目標に向かって遠回りしながら汗だくになっている奮闘事件簿。絵本・うた・youtube・アニメ・玩具・産前・産後関連までさまざまなお悩み情報を紹介します。

管理人のプロフィール

初めまして。
管理人のあきらっきょです。

 

akirakkyo201607

akirakkyo201607

 

日々成長するこどもとの生活を備忘録として記載することにしました。

 

あきらっきょがどのように子供に絵本を読んでいけたか、
毎日みているテレビアニメネタや、読んでいる絵本、
保育園選びの慌しい思い出等、
リアルタイムから過去のことまで、
思い出せる範囲で記載していこうと考えています。

 

といいつつ、
実は自分が一番活用できるような仕組みとして考えていたりします。
どのような活用法かというと、
まずはミッキーマウスクラブハウスのタイトルと放送話数の検索とか、
ダックテルズにでてくるスクルージさんの秘書の名前とか・・・
子供に言われて検索するのですが、忘れてしまうんですよね。
そして、また
『このヒトの名前だぁれ?』
と、悪魔のような囁きが・・・

 

みているアニメや絵本に対して、子供の反応や、親からの視点、
簡単な物語内容も紹介できたらいいなと考えています。

 

管理人の略歴はこんな感じ

【幼少時代】

 

歩けるようになると金魚が気に入り、隣りの家に毎日見に行くようになる。
近所迷惑なので、親が金魚を飼い始める。

 

クリスマスプレゼントに欲しいと願ったのは、
当時放映されていたマクロスの三段変形バルキリー。

 

幼稚園に入るとオルガン教室に通っている子が羨ましくなり、
親に習わせてほしいというも却下されたため、
送迎バスに乗らず、勝手に見学に行ってしまう。
困った親はピアノを習わせてくれるも、
本人的には、圧縮空気を送り出す足踏みを行いながら鍵盤をたたくという行動が興味深かったため、
若干不満を持ちつつも、いつか足ペダルを踏むことを夢見ながらピアノ教室に通うようになる。

 

【小学校時代】

 

ピアノ教室においてあったコミックが気になりだす。
そこには『うわさの姫子』『いらかの波 』がおいてあった。
外で遊ぶと疲れることがわかり、休み時間は教室内の日本地図パズルを組み立てることと、
本を読むことにする。

 

小学一年生の算数、足し算引き算でつまずく。
足の指を使ってまで頑張ったが、21以上は計算できなくなる。
担任にばれて家庭訪問の時に親にチクられる。
教材として、進研ゼミと計算ドリルが与えられる。

 

泳げないことから土曜日にプール教室に通うことになる。
プール教室後、テレビで『鎧伝サムライトルーパー』が放映されていて、
親が迎えに来るまでの10分ほど、熱中してみるようになる。
当時は『聖闘士星矢』ブームと、『光GENJI』ブームが来ていて、
誰もサムライトルーパーに関しては話題にせず。
このマイブームは30年後花開くことになる。

 

卒業文集に好きな芸能人として『田中真弓』と記載し、
クラスメイトに『誰?田中律子の間違い?』と聞かれる。
ドラゴンボールのクリリンよりも、ごんぎつねのごんが好きだった。

 

【中学校時代】

 

声優ヲタク化する。
テレビのクイズ番組のナレーターに田中真弓さんがしていると、
クラスメイトから電話がかかってくる。

 

アニメをみて声優当てするのがマイブーム。
ルパン三世役の山田康雄さんが亡くなったことがショックで、
再び『ルパン三世 バイバイ・リバティ-・危機一発!』を見直す。
このときに洋画の吹き替えも声優の仕事なんだということを知り、
深夜の洋画放送を見たいがために、22時消灯2時起きという行動をとるようになる。
(一時期声優という職業もいいなぁと、ほんわか考えました。ここから資料請求可能です。)

 

【高校時代】

 

読書ブーム到来。
一か月に100冊読めるかクラスメイトと競争する。
海外作家に興味を持ち、映画原作のものばかり読む。
主にスティーブン・キング、イアン・フレミングに熱中。
機動戦記ガンダムWの影響で、戦争論にも手を出していた。
クラスメイトは栗本薫の『グイン・サーガ』シリーズ、
あきらっきょは藤川圭介の『宇宙皇子』シリーズを読むので、
読書評論という話題はなく、純粋に冊数を競っていた。

 

京極夏彦の『姑獲鳥の夏』をクラスメイトから借り、
机の中にしまえず、机の上に出したまま授業をうけると、
教育実習にきた先生にみつかり、
そのまま『源氏物語 あさきゆめみし』の漫画を借りることになる。
※当時、京極夏彦さんのは本の厚さ5センチ以上あり、『通勤・通学電車内で厚い本を読む人⇒京極夏彦の本を読んでいる』というブームがあった。
もちろん、厚さ5センチは辞書並に厚い本で、本を読み進める方を選択するか、腱鞘炎をになるかを選択するほどだった。

 

機動戦士Zガンダムをクラスメイトからビデオを借り、
2時から見る生活を行う。
5時半過ぎに阪神大震災が起きたときはこたつの中で寝そべっていた。
首都圏も震度2で揺れたのを体感し、あわててビデオからニュースに切り替えたことを覚えている。

 

【浪人~大学時代】

 

アルバイトを始めたので大人買いブーム到来。
古本屋巡りをし、『いらかの波』を揃えることに成功。
『ベルサイユのばら』も購入。

 

通学2時間の大学を選んだため、大学課題を自宅に持ち込むことが多くなる。
デスクトップPC購入するも家ではないとできないということを知り、
ノートPC購入。
大学卒業までにデスクトップPC1台、ノートPC2台、A4スキャナ、A3プリンターを購入。
ほぼ自営業並にお金をつぎ込む。
そのため、海外旅行等大学生っぽい遊びには手が出せていない。
就職氷河期だったため、エントリーシートは50近く100以下提出。
エントリー期限が間に合わなかった会社へは、履歴書片手に飛び込みで会社説明会を受けていた。

 

【会社員~現在】

 

フルタイム会社員をふらふらっとしている。
2013年こども出産。
0歳時クラスから子供を入園させて、フルタイムにて職場復帰。

 

常に子供との時間をどう過ごすのがお互いの成長を促進できるのか模索しながら行動しています。

 

公開日:2016年6月
更新日:2016年7月,2017年7月