乳児がかかる油断ならない病気~その④◆頭ジラミ◆~

 

◆頭ジラミ◆
頭のかゆみや不快感などの症状がありますが、本人が症状を自覚することはあまりないようです。
後頭部や耳の後ろ等に多くみられます。
フケと間違えやすいのですが、髪の毛に付着しているので、簡単にはとれません。
見つけたら一斉に駆除することが効果的です。

 
家族全員で調べてもらい、専用のシャンプーで洗います。
乳児に関してはクラス全員髪を切る等の処置が発生することも中にはあります。
プールでは、タオル・ブラシ・帽子の共用はしないように、忘れずに各自持参しましょう。

 

 




 

実は・・・頭ジラミと出会っています。

 

実は・・・
あきらっきょは小学生のクラスメイトが頭ジラミになったことがありまして・・・
黒い小さな虫が友人の髪の毛にいたのを覚えています(苦笑)

 
プール時期前に発覚したので、うつることはありませんでしたが・・・
翌日、友人は髪をばっさり切って登校していました。

 

 

それと、夏場にシラミって発生するものと思っていたのですが、どうやらそうでもなく・・・
冬場に保育園内に発生して、その学年の子供は短く髪を切っていた保育園もあります。

 

 
・・・冬場にまるこめくんは寒そう・・・

 

 

発生原因は?感染ルートは?

 

 

頭を洗っていれば大丈夫・・・というわけではないようです。
人間に寄生する寄生虫なので、一年間どちらかというと子供中心に発生しているようです。
よく夏場に発生すると言われていたのは、プール等で髪を拭くときにタオルを共有してしまうから。

 
感染ルートは
・感染している髪の毛や頭との接触。
・感染している髪の毛が接触したものを使う。
(タオルやヘアゴム、くし等の共有)

 

 

 

駆除方法としては?

 

 

スミスリンというシラミ駆除シャンプーが薬局で販売しています。
病院へは・・・特にかからなくてもよいみたいです。
ただし、この寄生虫、頭皮から血液を吸うみたいなんですね。

 
頭髪が痒くなる⇒掻き壊す⇒皮膚が化膿する⇒また痒くなる・・・
と、連鎖反応が発生します。
頭皮に皮膚を掻き壊して化膿したという症状が発生した場合は、即時に皮膚科に行った方がよさそうです。

 

 

 

出典:ヨッセンスhttp://yossense.com/lice/
※とても詳しく記載されていました