• 投稿 2016/06/17
  • 絵本

今ならばそう思う、アガサクリスティの『そして誰もいなくたった』風な感じ【ひっこししてきたのはだぁーれ?】

 

ENEOSさんで童話賞を行っています。
【童話の花束】
と検索するとみつかります。
(リンクしてよかったのだろうか(小心者))

 

 

どこから親が手に入れた分からないのですが・・・
ラジオの応募抽選で送られてきていたのかなぁ?

 

 
詳しく聞いていないのでわからないのですが、
確かあきらっきょが小学校に上がった頃、読んでいた気がします。

 
2冊ありまして、
本棚に並びにくいサイズと、1冊で複数のお話しが入っている本という認識しかないです。

実は、ENEOSさん、太っ腹です。

過去の作品、全てPDFにしてあり読めます!

 

 
自分は童話の花束の15回分と17回分を持っています。

 

 




 

 

今回は17回分で印象に残っている【ひっこししてきたのはだぁーれ?】を紹介します。
(リンクしてよかったのだろうか(大汗))

 

 

これはですね。
最後にどんでん返しのお話です。
嫌いではないです。

 

 

 

森に新たに引越してきたのは誰かという話です。
あるときはうさぎったり、あるときはりすだったり・・・
噂ばかり流れていて、
実際は誰なのかわからないので、
挨拶がてらみてきましょうという話です。

 

 

 

でも・・・

最後まで読み手も誰だかわからないんです。

 

 

 

誰だろうね?
と、お子様に読み聞かせた後、
推理クイズするのも楽しいかもしれませんね。

 

今回紹介した商品

童話の花束
さまざまな作品がありますので、一度読んでみてください。
自分は今でもこの本は好きですね。