保育士の年齢が気になった件

 

 

保育園選びをしているとき、実はね・・・

 

 
保育士たちの年齢も気になったわけでして・・・

 

 

 

自分よりも若い保育士が構成人数として多いのか、
それとも同じ年齢ぐらいが多いのか・・・

 

 

 




 

一番の年長は何歳なんだ?

 

そんなことも見ていました。
自分は30代。
そして自分を育てた親はリタイア前後。

 

 

何と言いますか・・・
世代的道徳観念が異なるんですよね。

 

 

ここまでは譲歩できるけど、
ここは譲歩できないというところ。

 

 

その認識が異なると、
子供に振り回されて、誰が躾を行うの?
という話になってしまう。

 

 

 

いくら保育園にいる時間が長いからって、
保育士は親ではないですからね。

 

 

親が子供に対して怒っていることに対し、
保育士が子供を甘えさせたら正直躾は破たんします。

 

 

また、小学校に入った時、
保育園の延長と子供が認識しないためにも、
親の躾と保育園の教育に対する考えが同調出来るところか・・・

 

 
それはよく観察しておいた方がよいかと思います。

 

 

個人的に厳しいことを言うかもしれませんが、
子供に何かがあったとき、
世間で白い目で見られるのは子供を産み、育てた親です。

 

 

それは子供が30歳になろうと、50歳になろうと、
親として生きている限り続きます。