学資保険って何?特約って何?悩んだことはありませんか?

 

【学資保険】って、名前は聞いたことがあると思いますが、実際に何を目的としているのか知っていますか?
なんとなく、自分が大学に行くときに、親が契約していたから契約しておこう・・・
そんな方もいるかと思います。

 

 

学資保険の目的をちょっとだけ説明しますね。

 

 




 


 

 

学資保険って何?

 

 

学資保険とは子供の主に大きなお金が動く大学入学金をメインとした教育費などに掛かるお金を貯蓄することが主な目的となっています。
契約した期間に対して保険料をきちんと支払うことによって、まとまったお金を受け取ることができる保険です。
学資保険の中にもさまざまな種類の保険が用意されています。
学資保険の契約内容により、教育資金が必要になると予め設定した時期が異なりますので、契約内容にも注意してくださいね。

 
大学入学時だけでなく、高校入学時に一部祝い金として支払われる保険も存在しています。
(名前は祝い金ですが、貯蓄しておいた金額の一部が先払いされているだけです。)

 

moratorium_woman

 

大学入学前の10月前後に支払われる保険もあるので、多角的な視点も必要となりますね。

 

 

学資保険は単純な入学資金の為の貯蓄資金ではない。

 

 

2000年以前では、学資保険に病気やケガの治療に掛かる通院特約、または死亡保険特約等含まれているものもありましたが、最近は少なくなっています。
また、万が一、契約者である親族に不幸があった場合、保険料の免除が発生しながら、給付金は継続して受け取れるという内容の学資保険もあります。
生命保険や入院保険のみ扱う保険が含まれている学資保険に入った方が得となるのか、それともそれぞれ単独の保険を選択したほうが得となるのか・・・

 
考えなくてはなりませんね。

 

 

 

注意すべきは返戻率

 

 

学資保険は満期まで払い終えることで契約したある将来の日付に支払われます。
そこで、満期額資金として、支払った金額よりも少し大目の金額が支払われる会社もあるし、満期学資金が少なくなるという元本割れのものもあります。

 
また、途中で一定期間まで支払うことができなくなってしまい、解約したりすると、大幅な元本割れという事態になる可能性もあります。