敬老の日に、結婚式の両親へのプレゼントに・・・竹食器のFUNFANを使ってみよう!

ふふふ・・・
ちょっといいもの見つけちゃったw

お絵かき絵皿です。

まだうちの子供はお絵かきしても○?っぽいものをぐるぐる書くことしかできないので、
小学生上がってから作ってみようかと思います。

①まずは申し込み用紙に絵を描きます!

②そのあと、同封の返信用封筒に申し込み用紙を入れてメーカーに返送。
③約2~3週間後に指定の住所にオリジナル絵皿が届くんです。
※メーカー直送なので、1ヶ月ぐらい余裕をみて依頼した方がよいかもしれません。

9月第3月曜日の敬老の日にぴったりの商品じゃないですか!

これ、手形や足型もできるんですね。

 


 

 



 

ギフトにいかが?

結婚式の両親へのプレゼントに、生まれた時の重さのぬいぐるみ贈るってあるじゃないですか。
あきらっきょは親に『ぬいぐるみもらってもねぇ・・・』と、言われてしまったので、
大好きなお花をプレゼントしましたが、
これならば喜んだかもなぁ・・・
プレートとして飾ってもらっても地震で落ちて壊れる心配ないし、
流行のカフェ食器風だから、ビールのおつまみ入れて楽しんでもらえそうですね。

食器の主材料は竹の集成材に仕上げはウレタン塗装。

なぜ竹食器なのか・・・

昨年からIKEAでも多く扱っている竹商品。
竹って抗菌作用に優れていてるので食器には向いているんです。
陶器と比べて軽いし、
3年で成長する縁起物商品。
グローバル視点で環境問題を考えると・・・エコな材料ですよね!

でも、そんな流行に乗って竹食器を作っているわけではないんです。
実はこのメーカーFUNFAM(ファンファン)株式会社の代表取締役のYASUYO(ヤスヨ)さん。
もう成長されていますが、お子様が重度のアレルギーだったみたいです。
9ヶ月で5大アレルギーを含む多くのもので陽性だったとか・・・
卵、乳、そば、小麦のアレルギーはよく聞きますが、
鶏肉、ブタ、牛肉もダメと医者から言われてしまったみたいです。
・・ウサギやワニはアレルギーないそうですが・・・日本では身近な食材ではないですよね。
当時、メラミン騒動がありまして、
中国製の粉ミルクに入っていたり、子供用の食器にも発がん物質が入っていたという報道がありました。
(※今はメラミンに発がん性物質が入っている商品はほぼありません。)
(※ちなみにヨーロッパではメラミン素材の商品が主流です。)
その影響もあり、
子供の食器をYASUYOさんは開発されたのです。

伊勢丹三越でも販売していますし、リッツカールトンTOKYOでもお子様用に使われている食器です。
MADE IN JAPANにこだわり、子供の成長を願い、子供のアレルギーに愁い作った竹食器。
母は強し!
を感じますね!

その熱意が離乳食へも飛躍し、
なんと!【お食い初め手引きレシピ】が無料でダウンロードできます。
歯固め石のやり方や、一般的なお食い初め料理のレシピが書かれています。
自分もココしっていたらなぁ・・・と後悔。
お食い初めの儀式、なかなか準備が大変で・・・
まず、何を食べさせたらいいのか・・・グーグル先生に聞くところから始めました。
①お祝いの鯛の塩焼き
②野菜の炊き合わせ
③ハマグリのお吸い物
④赤飯
これらのレシピが書いてあります。
(※あきらっきょはこのほかに市販の黒豆と母が漬けた梅干しを出しました)
各地方ごとにお食い初めの料理内容が異なるともいいますが、
主要な部分を抑えているレシピなので、
どのご家庭でも使えると思います。

お子様へのプレゼントに、
また、縁起物として両親へのプレゼントに考えてみたはいかがでしょうか?
我が家は立派な落書きができるようになったら・・・
頼んでみます!