カテゴリー:こどもと作れる簡単おやつの記事一覧

毎日がよかったさがし〜絵本を読んでうたも歌うぞ!〜

201X年に出産しました。初めての子育て・・・10000冊も絵本を読み聞かせできる?200曲も歌を歌える?目標に向かって遠回りしながら汗だくになっている奮闘事件簿。絵本・うた・youtube・アニメ・玩具・産前・産後関連までさまざまなお悩み情報を紹介します。

  • こどもと作れる簡単おやつ

カテゴリー:こどもと作れる簡単おやつ

便秘予防乳酸菌入りおやつ~こどものおやつ簡単レシピ3品③~

便秘は子供でも起こります。あなたの子供はお腹が痛いと訴えられたことがありませんか。

昨年度に保育園に通う子供との面談で出た話。
最近のお子様は3日間排便がなかったりするお子様もいるそうです。
『ママお腹痛い・・・』
そういわれることはありませんか。
 

『(保育)園でも牛乳を飲ませているのですが、(排便が)出ない子は出ないんですよね・・・』

 

こんな会話になりました。
管理人の家では保育園からの連絡帳をみて、排便がなかったという内容を見ると、翌日の朝にはヨーグルトを出したり、納豆を出したりします。

 

会社の同僚は毎日子供にヨーグルトを食べさせていると話していました。

 

夏になると水分は汗で出てしまうことも多いです。
おやつにも乳酸菌を混ぜたものを取り入れると、子供の排便による腹痛事情の緩和のお手伝いができるかもしれないですね。

 




 

夏場って便秘になりやすいですよね・・・

季節的に夏場は便秘になりやすいようです。
大きな要因として、汗をかくことにより体内の水分が不足し、
便を柔らかくするための水分もなくなってしまうそうです。
結果、便が硬くなりスムーズな排便が出来なくなると言われています。

 

 

大人の便秘も困りものですが、こどもの便秘も困ります。
とくに赤ちゃんや乳児は腹痛を訴えることができないので、
親も不機嫌で泣いているもしくはグズグズしている子供に、
どのように対応していいのか悩んでしまいます。

 

 

今回は便秘対策として乳酸菌が含まれているカルピスを使った食事の紹介。

 

【カルピスのいちごシェイク】

※分量は1人分です。

 

出典:カルピスカフェ

出典:カルピスカフェ

 

◆材料⇒カルピス50cc・牛乳100cc・いちご3粒程度
◆作り方⇒
① グラスに牛乳とカルピスをいれて混ぜ合わせる。
② ミキサーにかけたいちごを静かにいれる。

 

 

【カルピスいりフルーツパンチ】

※分量は1人分です。

 

出典:カルピスカフェ

出典:カルピスカフェ

 

◆材料⇒キウイフルーツ1/2個・オレンジ1/2個・いちご2個・カルピス40cc・炭酸水100cc
◆作り方⇒
① 果物をカットします。キウイフルーツは1cmぐらいの角切り。
いちごは下手をとって1cmの角切り。
オレンジは薄皮を剥がして1cmぐらいの角切り。
② グラスにカットした果物を入れます。
③ グラスにカルピスと炭酸水を注ぎ入れます。
④ 軽く混ぜて完成。

 

 

【ほの甘ポテトサラダ】

分量は2人分です。夕飯のおかずにいかがですか。

 

出典:カルピスカフェ

出典:カルピスカフェ

 

◆材料⇒じゃがいも3個・ウィンナーソーセージ2本・にんじん1/4本・きゅうり1/2本・コーンホール(缶)おおさじ3杯
・カルピス40cc・コンソメ顆粒こさじ1/2・サラダ油少々・マヨネーズおおさじ2杯・塩少々・黒こしょう少々
◆作り方⇒
① じゃがいもは皮をむいてひとくち大に切り、さらっと水にさらす。
② 水からじゃがいもをゆでる。
(ラップで包んで電子レンジで柔らかくなるまで加熱する。)
③ ボウルに入れ、じゃがいもが熱いうちにカルピスとコンソメを加え、粗くつぶしながら混ぜ合わせる。
④ ウィンナーは5mmのこぐち切り。
にんじんはいちょう切り。
フライパンにサラダ油少々を熱し、ウィンナー・にんじんをさっと炒める。
⑤ きゅうりは2mmのこぐち切りにし、塩少々ふる。
しんなりしたら水気を絞る。
⑥ コーンは水気をなるべくとっておく。
⑦ ③④⑤とマヨネーズを混ぜる。
塩と黒こしょうで味を調える。
(最後にいろどりとしてパセリを上に振りかけてもよい)

出典:第52回カルピスひなまつりプレゼントミニ絵本

 

 

カルピスのHPには他にもおいしそうなレシピがたくさん載っています。

 

カルピスカフェ
夏休みレシピも公開されたばかりですので、
是非利用してみてください。
単純に水で割って飲むだけでなく、手軽に料理にもアレンジしてみましょう。
乳酸菌を摂取することで免疫力の強化してみませんか。

 







大人も楽しめるプチデザート~こどものおやつ簡単レシピ3品②~

大人風味の手作りおやつを紹介します。

お菓子を作る作業内容は子供でもできる内容です。
でも、味はちょっと大人味のお菓子。
 

母の日や父の日に、お子様と一緒にクッキングするときのレシピとして参考にしてください。




 

ちょっと大人も楽しめるデザートという切り口にしてみました。
いつも子供ばかり・・・だと、やはり大人も楽しめませんよね?

 

 

【リコッタのパフェ】(約2人前)

※アメリカレシピなので、1カップ240mlです。

 

イメージ写真

イメージ写真

 

このレシピに関してはそんなに支障がでなさそうなので、分量はアメリカサイズのままです。
◆材料⇒生アーモンドダイスアーモンドダイス(1/2カップ)(アーモンドスライスでも可)・ラズベリージャム(お好みのジャムで可)・グラノーラ(コーンフレークでも可)・リコッタチーズ (1/2カップ)・ヨーグルト(1/4カップ)
◆作り方⇒
1.スライスアーモンド1/2カップを天板に広げ、約175℃で5~8分焼く。
2.リコッタチーズ1/2カップ、プレーンヨーグルトを1/4カップボウルに入れてよく混ぜます。
3.パフェ用グラス(透明なグラスならばOK)に、リコッタとヨーグルトを混ぜたものをおおさじ2杯入れ、
ラズベリージャムをおおさじ1杯、グラノーラ・リコッタ+ヨーグルト・・・と、順に入れ、
最後にリコッタの上に冷やしたアーモンドを飾り付けて完成。

 

 

【タイ風ドーナッツ】

※油で最後揚げますので、必ず大人と作ってください。

 

 

 

◆材料⇒さつまいも(100g)・薄力粉(おおさじ1杯)・ベーキングパウダー (1.6g)・塩(少々)・
タピオカ粉(なかったら片栗粉)(おおさじ2杯)・砂糖(おおさじ1杯)・
ココナッツミルク(なかったら牛乳)(おおさじ1.5~2杯)
◆作り方⇒
1.さつまいもを蒸すかレンジで加熱し、柔らかくします。
2.柔らかくしている間に薄力粉・ベーキングパウダー・塩・砂糖・タピオカ粉をボウルにいれて混ぜ合わせます。
3.さつまいもは熱いうちに皮をむき、別のボウルにいれてマッシャーでつぶします。
(マッシャーがなかったら、フォークの背でOK)
4.3に2の粉類を入れ、さつまいもをさらにつぶしながら混ぜ合わせます。
5.4にミルクをいれ、耳たぶぐらいの固さにまとめます。
6.うずらの卵ぐらいのおおきさに丸くし、150℃から160℃の油でじっくりあげます。
7.きれいなきつね色になったら完成です。

 

 

【マーブルケーキ】

(卵や牛乳の分量はホットケーキミックスに記載の分量を参照にしてください。)

 

イメージ写真

イメージ写真

 

◆材料⇒ホットケーキミックス・ココア(飲料用のミルクココア等を使う場合は、お砂糖を入れないでご使用ください)・卵・砂糖・牛乳
◆作り方⇒
1.プレーン味とココア味の生地を作ります。
2.鉄板に交互に生地を流し込みます。
3.線を描くように端でぐるぐると生地をかき混ぜます。
(かき混ぜすぎに注意!)
4.オーブンで焼き色が着くまで焼いて出来上がりです。

 

 

 

今回も簡単なレシピにしてみました。
楽しい夏の日を過ごしてみてください。







そろそろ世間では夏休み~こどものおやつ簡単レシピ3品①~

子供がお手伝いできるおやつをお伝えします。

お菓子作りは子供もとても楽しくなります。
ちょっと大人になった気分になれるのかもしれません。
管理人は子供が3歳になったころから、1ヶ月に1度、サンドイッチを一緒に作ってお昼ご飯に食べるようにしました。
マヨネーズとケチャップをスプーンでぬりぬり。
スライスしたきゅうりと、ハム、スライスチーズを挟むところまではお手伝いしてもらいます。
 

そして、カットしたらそのまますぐに食べられてしまいます。
もう、マヨネーズをパンに塗ったときからスプーンを舐めていたりしていますから、どんな味になるのかわくわく感が隠せなかったのでしょうね。
 

自分のサンドイッチが出来たら食べ始めます。

 

そんなお子様でも参加できる、お菓子作りのレシピを今回ご紹介します。




 

そろそろ夏休みですね・・・

 

1日中・・・キッチンに立っている時期が来るって感じですよね(泣)
あきらっきょは夏休みになると昼ごはんはお手伝いに駆り出されていました・・・
(あ、朝ごはんの食器洗いもやってたわ)
おかげさまで、そうめんを茹でることと、袋ラーメンは上達しました!

 

まぁ・・・
そんな成長を促す夏休みですが・・・
おやつにスナック菓子ばかり食べさせるとやはり家計もピンチです。

今回は子供もお手伝いできる簡単レシピおやつ3品を提案します!

 

 

【じゃがハムチーズ焼き】

(※腹持ちがよいおやつです)
(※夕飯のおかずにもなりそうです)

 

 

◆材料⇒◆材料⇒じゃがいも・ハム・ミックス(とろける)チーズ
◆作り方⇒
1.味がするまで塩をいれた水をつくります。
2.じゃがいもをひとくち大に切り、1で作った塩水に入れて茹でます。
(水から茹でるのがポイント)
3.じゃがいもに火が通ったら角切りにしたハムとチーズを上にのせ、
オーブンで焼き色がつくまで焼いて出来上がりです。
※好みでいろどりにパセリをちらしたり、大人用にブラックペッパーをちらすのもOK!

 

 

【豆腐のマフィン】

(※まぜまぜできる2歳ごろのお子様から一緒に作れます)
(※七田式子育てで考えると、豆腐をつぶすという遊び行為を応用できるので、
1歳児からお手伝いできます)

 

イメージ写真

イメージ写真

◆材料⇒絹こし豆腐(150g(※半丁です))・ホットケーキミックス100g・スティックシュガー30g(※喫茶店のスティックシュガー2本分です)(※入れなくても食べれます)・水100cc
◆作り方⇒
1.豆腐(絹ごし)を150gフォークでつぶします。
2.ホットケーキミックスを100g入れて混ぜ合わせます。
3.グラニュー糖30gを混ぜ合わせます。
4.水100ccを入れて混ぜ合わせます。
5.予熱ありの200℃オーブンで15分焼きます。

※冷えても豆腐が入っているのでふわふわした触感です。
※裏メニューとして、生地に粉末抹茶パウダーをおおさじ2杯いれ、
生地を型に流してからチョコをいれると抹茶チョコ味になります。

 

 

【麦茶ゼリー】

(※まぜまぜできる2歳ごろのお子様から一緒に作れます)
(※6ヶ月ごろからのお子様の発熱時に体を冷やすため食べさせるのにも便利)

 

写真はイメージです

写真はイメージです

 
◆材料⇒むぎ茶 50cc・りんごジュース50cc・粉寒天こさじ1杯
◆作り方⇒
1.粉寒天を少量のお湯で溶きます。
2.溶けた粉寒天に麦茶とリンゴジュースを入れ混ぜます。
3.型に入れて冷やすとできます。

 

小さい子供ほど飽きっぽかったりするので・・・
まぜまぜが3回できたらおもちゃで遊ぶという可能性が高いです。
(おままごとだと10分も続くのに・・・)
あまり期待しないで一緒に作ることにしましょう(笑)