タグ:ディズニーランドの記事一覧

毎日がよかったさがし〜絵本を読んでうたも歌うぞ!〜

201X年に出産しました。初めての子育て・・・10000冊も絵本を読み聞かせできる?200曲も歌を歌える?目標に向かって遠回りしながら汗だくになっている奮闘事件簿。絵本・うた・youtube・アニメ・玩具・産前・産後関連までさまざまなお悩み情報を紹介します。

タグ:ディズニーランド

袋にも隠れミッキーが!ディズニーランドから帰っても遊べるニモ袋!2017年7月だよ。

ディズニーランドの隠れミッキーは何体いるのか・・・実は隠れミッキーはパーク外にも出没しているのです。

 

楽しい時間はいつかは去るものです。
それを大人は【夢の国から現実に戻る】と形容しますが、日常がネバーランドのような子供にとっては、【特別な空間】という意識はないのです。
タートルトーキングの待ち時間からがっつり寝ていた子供。

 

起きて行ったヒトコトは、『まだ遊びたい』でした。
そんな子供を宥め透かしてなんとか抱っこしてお土産の店へ。
自分へのお土産として、2400円のチョコクランチ54個入りを持ち帰ると言う子供に、親として『アンパンマンチョコが24個も買えるんだよ!』と怒りました。
まだ保育園に通っている子供に高いか安いかを判断させるのは難しいですが、これも訓練と思えば、親はシビアなことも言えるようになります。

 




 

結果的に購入したのはニモのクッキー。

 

2回乗ったにも関わらず、まだ乗りたいと泣いてねだったシーライナーも描かれているパッケージです。
それをレジに出した時に、レジのお姉さんがグズグズっとしている子供に気が付いたわけです。

 

子供『もう一度乗りたかったの・・・』

お姉さん『そっか・・・そうだ、お姉さんがいいこと教えてあげる』

 

そういって取り出したものは夏期間のディズニーリゾートの買い物袋。
いつものビニール袋の小さなタイプです。

 

お姉さんが教えてくれた、一番小さいサイズの袋にある隠れミッキー

 

kakuremickey-201707-01

 

お姉さん『ここにミッキーが隠れているの。みっつの丸の。探せるかな?』

 

どうやら三つ丸ミッキーが隠れミッキーとしているようです。
子供はあまりわからず・・・

 

お姉さん『シーライダーにでてきた背中にいっぱい小さなお友達を載せていたエイの近くにミッキーがいるんだよ?』

 

親としては真剣にエイの背中の模様の中にいるのかもしれないと思って、集中・・・

 

 

 

 

しかし、わからず降参してお姉さんに尋ねると、

 

お姉さん『ここの砂地にいるんですよ!』
kakuremickey-201707-02

 

おぉ!!!
確かに!!!
そしてそのあとのお姉さんのセリフにびっくり!

お姉さん『他の袋にもミッキーが隠れているんですけれど、袋のサイズによって場所が違うんですよね!』

 

え・・・
全部違うの・・・?

 

お姉さんも袋の中の隠れミッキーがどこにいるのか全部見つけられたわけではないそうです。

 

 

袋内の隠れミッキーを探せ!あなたは全部見つけられるのか!?

 

 

今回、帰宅する時にそのことを教えてもらったので、自宅で三つ丸ミッキーを探すというミッションを行うことになります。

 
早めにお土産を購入して、そのあとアトラクションで待っている間に三つ丸ミッキーを探すのも楽しいですね。
長い時間、アトラクション待ちをして、話すことも底をついた時にお土産袋をみんなで覗き込むと言うのも楽しいかも。

 

大人だけで行くときとはまた異なる視点で新たな発見をさせてもらえるディズニーリゾート。
以前に比べるとチケット代は高額になりましたが、行くたびに新たな発見を感じます。
また、子供が成長に合わせて主張する内容も変わってきます。
そんな親としての戸惑いも感じつつ、やっぱりまた行きたいと感じる翌日の朝でした。

 







アラサーからの大人ディズニーの楽しみ方

アラサーからの大人ディズニーの楽しみ方

 

『ディズニーランドなんて大学生で卒業した』

『自宅から花火が見える距離だけど、ほとんどいかない。40過ぎて今更行ってもさぁ・・・』

そんな話を聞くこともあります。
でも、十分大人な時間を味わっている方だからこそ、ディズニーランドは楽しめると管理人あきらっきょは思うのです。

 




 

最近は子供を連れて、
ディズニーリゾートに行くことが多くなりました。
その前はというと・・・
年に3回行くような生活をあきらっきょは過ごしていました。

 

%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9

 

大人が子供に戻れる瞬間!
大人だから切替えられる!

 

 

ミッキーマウスと写真撮るなんて・・・

 

 

そう口に出してしまうのは大人という建前からでしょうか?
自分は早く大人になりたいと考えていた小学生の頃は、
キャラクターと写真を撮るなんてダサいと思っていました。

 

 

でも、大人になるとそのダサいという行為は出来ないんですよね。
子供とか、何かしら【ダシ】がないと。
ですが、ディズニーリゾートではそれがないんですね。
子供の時にダサいと思っていたことが、
遠慮なくできる。
それがディズニーマジックのひとつです。

 

 

カメラは持った?写真がとても撮り易い場所!

 

 

ディズニーリゾートほど、
フォトジェニックに溢れた食べ物はないです。
各レストランの写真もミッキーモチーフになっていたり、
キャラクターの特徴を模した食べ物になっていたりします。
食べ歩き商品についても包装紙に特徴があるので、
ディズニーリゾートに来た!
という、満足感と満腹感が得られます。

 

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%ac%e3%83%a9%e5%9f%8e

 

シーズンごとに植え替えられる植栽の写真を撮る・・・
風景と一緒に人物も撮る。
ディズニーシーだと、
ローマで写真撮ったの?
ニューヨークに行ったの?
と、見直してみると分からなくなってしまうときがあります。

 

 

携帯カメラだけ?
いやいや携帯カメラ含めて3台は必要ですよ!

 

 

ちなみに、本気で写真を撮る人はカメラの3台持ちをします。

 

 

  • SNS用に携帯カメラ。

これはアプリで加工が即座にできる利便性の為。

近接でも使えます。

 

  • 近接用ミラーレスカメラ。

 

パナソニック(Panasonic) ルミックス DMC-GF7W-T ダブルズームレンズキット ブラウン【0824楽天カード分割】
by カエレバ

 

 

フォトジェニック用です。
テーブルに置かれた料理を、
単純に上からだけで撮るのはもったいないです。
ミッキーモチーフ食材に焦点をあててパチリ。
店内の雰囲気の詰まった壁面を背景にしてパチリ。
数人で遊びにきているのなら、
同じグラスを遠近感をつけてパチリ。
色んな楽しみ方をします。

 

 

  • これがメインのバズーカ砲。

 

【あす楽対象】【送料無料】 ペンタックス PENTAX Q-S1(ブラック) ダブルズームキット/ミラーレス一眼カメラ[生産完了品 在庫限り]
by カエレバ

 

 

やっぱり一眼カメラでしょう。
何を撮影するのかというと、ミッキーマウスです。
列に並んで撮影するのに使うの?
いやいや、それだけじゃないです。
このカメラに一番頑張ってもらうのはパレードです。

 

 

パレード時にズームにしてミッキーマウスや、
ミニーマウスのキャラクターをはじめ、
ダンサーの方の衣装を撮ったりします。

 

 

    • 一眼カメラは目立つ方がよい。

 

 

 

今はカラーカメラが出ています。
女子にも人気のピンクとか・・・
実は、パレードの時ほどミッキーマウスは、
カメラを見ているのではないかとあきらっきょは妄想します。
特にディズニーランドのパレード内です。

 

PENTAX K-50 ボディ [ピンク]
by カエレバ

 

 

黒いカメラだと、頭髪の色と同じなので、
どこにあるのか判別がつきにくくなります。
でも、ピンクのような派手な色だと、
目に入りやすくなります。

 

 

パレード時にキャラクターの写真が撮りたいと思ったら、
派手なカメラを持参した方がよいのではないかと、
個人的には思います。

 

 

大人ディズニーの楽しみ方

 

 

翌日仕事という方でも、
あまり翌日に疲れを残さずに満喫できる方法として、
ショーのタイムスケジュールに沿って、
行動することを提案します。
ショーに力を入れているだけあり、
見ていて楽しいですし、
ディズニーリゾートに行ったという、
満足感が得られます。

 

 

また、アトラクションに多く参加したということでも、
満足感は得られます。
人気のアトラクションはファストパスを利用します。
パッとみて空いているアトラクション(待ち時間が30分以内)に多く乗ること。
一回で多くの人数が参加できるもの。

 

 

なによりも、移動時間はなるべく少な目に行動することを考えて動きましょう。

 

 

大人ディズニーの楽しみ方◆ランド編◆

 

※5年前の経験なので、現在と異なる点があるかもしれません。
参考程度としてくださいね。
※持ち物としてレジャーシート、薄いクッション、
寒さ対策用のケープをお持ちください。

 

 

・参加アトラクションに関しては順不同です。
・移動ルートは主にシンデレラ城の後を通過します。

・一回の運転等で大人数が動くもの、

もしくは短時間で終わるアトラクションをアクセントにちょこちょこいれると、

『制覇した』という、満足感がでます。

 

・カントリーベア
・トイ・ストーリー/ホースシュー(食事付)
・ピーターパン空の旅
・イッツ・ア・スモールワールド
・プーさんのハニーハント
・スプラッシュマウンテン

・スペース・マウンテン

・ガジェットのゴーコースター

・アリスのティーパーティー

 

上記は一番多く乗ったときのケース。
ショーをメインで動くと、
もっと体は楽になります。
ちなみにショーをメインにするときは、
そのショーの始まりを楽しみ、
その後ラストにフロートが止まる場所に、
シンデレラ城付近を横断移動します。
ラストの場所が一番のカメラショット場所になります。

 

大人ディズニーの楽しみ方◆シー編◆

 

※5年前の経験なので、現在と異なる点があるかもしれません。
参考程度としてくださいね。
※持ち物としてレジャーシート、薄いクッション、
寒さ対策用のケープをお持ちください。

 

・参加アトラクションに関しては順不同です。
・移動ルートは主に舟を利用します。

 

・ディズニーシー・トランジットスチーマーライン

・ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

・ハンガーステージ

・インディ・ジョーンズ・アドベンチャー・クリスタルスカルの魔宮

・ミッキー&フレンズグリーティングトレイル

・”サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック

・ヴェネツィアン・ゴンドラ

・BIGBANDBEAT

 

 

【応用してみた】乳児ディズニーの楽しみ方◆シー編◆

 

4歳未満は無料なので、あきらっきょは子供を連れて行ってきました。
感想としては・・・
満喫は出来ましたが、物足りなさもあります。

 

・BIGBANDBEAT・・・2回
(1回目は子供が演奏中に爆睡した為)
・エレクトリックスチームライン・・・2回
・舟・・・1回
・レストラン
・ミニーと写真
・ダッフィーのショー

 

子供2歳なので、
アトラクションに乗るものはあまりないです。
親としては写真撮るのが楽しいので、
ミッキーやミニーと写真撮影メインで動きます。

乗れるアトラクションが増えると、
また異なる傾向になると思います。

 

【・BIGBANDBEAT・・・2回】ということ。

 

子供はこれが見たくてディズニーシーに来ていました。
1回目、チケット当選したのでかなり前の席でみれたにも関わらず、
幕があがったと同時に寝落ち。
仕方なく2回目は並んで2階席でみました。
寝落ち事件がなかったら・・・
他のアトラクションにいけたと思います。
(マーメイドラグーンのショーとか・・・)

 

最後に・・・
・ザ・レオナルドチャレンジ
を、昼間のショーの前後に始めると、
なかなか良い特等席で見れる時があります。

 

 

この記事で紹介したもの

 

【あす楽対応】送料無料■東京ディズニーランドorディズニーシー ペアチケット/東京ディズニーリゾート ペアワンデーパスポート【目録&A3パネル】結婚式二次会・ゴルフコンペ・忘年会の景品に【ディズニーペアチケット】【コンビニ受取対応商品】
by カエレバ